ラジオ

Tokyo FM『SCHOOL OF LOCK!』内 Perfume LOCKSでのPefumeメンバーのPerfume FES!! 2017 星野源さんとの共演感想 書き起こし

投稿日:2017年10月10日 更新日:

10月2日(月)22:00放送のTokyo FM『SCHOOL OF LOCK!』でPerfume FES!! 2017での星野源さんとの共演の感想について触れている箇所を書き起こしました。

 

かしゆか:か)
のっち:の)
あ~ちゃん:あ)

 

あ)先週はPerfume FES!!のスガシカオさん、レキシさんの感想を話していたら、時間になってしまいました。

の)はい、あっという間でしたね。

あ・か)はい。

あ)それでも結構、短めに喋ったつもりだったのよ。

の)ね。

あ)ね・・・。

の)なんですよ!!笑

あ・か)あはは(笑)

の)ムリだよ・・・だって・・・うん・・・

あ)使っていいって。

の)いいの?

あ)うん、今日分、全部、これ、使っていいから二組、話しなさいって。

の)じゃあ、すぐ話そう。

か)ありがたいね。

の)話にかかろう。三日目、星野源さんとの対バンの感想からです。

あ・か)はい!

(メールを読む。ライブのさまざまなポイントに触れてくれるメール。)

の)熱い、ありがとう。

あ)ありがとう、余すこと無く・・・

の)これがすべて!

か)全部言ってくれた。

の)あとは言うことねぇ!!

か)いやー、ありがたいねー。

の)まずはね、ELEVENPerfumeって言ってくれてるのは、源さんのライブの後にPerfumeがホントはライブするんだけど、源さんのライブ中に私たちがサプライズでELEVENPLAYってね、源さんのバックダンサーしてる方たちがいるんですけど、その扮装というか・・・同じようなワンピースを作ってもらって、出ました。『時よ』っていう曲の一番最後から、恋ダンスにかけて・・・

 

あ)うん。『時よ』という曲は電車のホームで、女の人と一緒に踊ったりしているPVなんだけども、そこね、関さん(関和亮監督)がまた撮ってて。そのダンスが、ボーギングのね、手を使ったダンスで。

か)アウトロで踊ってるヤツね。

あ)めっちゃ楽しそうなんだよね、あれ。

か)うん。

あ)でも、ただ見てるだけだと、ちょっと踊るの難しそうで・・・ただ、あそこで出たいって言ったら、セットリスト組んでくれて、踊らせてもらえてね。

の)しかも、その振り付けの先生は同じMIKIKO先生だから、先生に教えてもらって。(笑)

あ)ねー!

の)『時よ』は先生に教えてもらって。で、恋ダンスは、そのELEVENPLAYのいつもお世話になっている、よく一緒にライブとか作ったりするダンサーの子に教えてもらって。だから、もうそのままです。生の恋ダンス。

か)そうだね。

の)念願のでしたね。

か)うん、やっと、やっと公式に形になりました。

あ)うん、踊れた!

の)最高よ。

あ)逃げ恥やっとるときからさ、ガッキーの真似してさ、踊りよったじゃん。それで覚えとったもんじゃけんさ、ダンサーELEVENが踊る恋ダンスはまた全然違ってさ!

か・の)違った!

あ)それ、覚え直すのがほんっまに大変で!!

の)うん、それ。

あ)なぁ。やけ、ほんま緊張して。やっぱ人の出番に出るっていうのも、すごい緊張する・・・自分たちのせいで何かを壊してしまったらっていう気持ちと、そうやって出させていただくんだから完璧にやらなくてはという自分がしてしまう自分へのプレッシャーみたいなのを感じてしまって・・・本番前、ほんま息切れだったもん。

の)ね、わかるー!

あ)すっごい緊張した。

の)出る前から息切れたもんね。

か)しかもさ、源さんさ、出る前に、『時よ』歌う前に、”今日はELEVENがないので、ひとりでがんばります”ってとか言っちゃって!

あ)あー、言ってたよー!!

の)ね。前フリ・・・私達、"ひぃぃぃぃ!!!"

か)緊張煽られて・・・(笑)

あ)やだ!やだ!やだ!!言わないで、そういうの!!と、思ったけど。

の)ほしゆかって言ってますけど。アンコールでね。ほしゆか、どこから説明したらいいんだろうね(笑)・・・えーっとね・・・

か)女装しとるやつなんよ。

あ・の)あはは(笑)

か)大阪でチャウ大ってイベントがあった時に、源さんがほしゆかっていう女装してね、私と同じような髪型して、出てきたのがきっかけで、そこからほしゆかの存在が生まれたんだけど。今回、また一緒に、大阪で再会することができて(笑)

チャウ大

あ)しかも、大阪城ホールで出会って、で、大阪城ホールでまた再会してるんで・・・

の)ほしゆかさ、大阪出身なんじゃない?笑

か)あの人、大阪城の女なんだと思う(笑)

の)あはは、大阪城の女?(笑)

か)大阪城の女なんだと思う(笑)

の)いやー、びっくりしたよね。"星野源さん、呼びましょう"って"源さん!!"ってお客さんといっしょに呼んだら、ほしゆか出てきて・・・その場で私たち、その姿、初めて見たし・・・本当にびっくりして。あ、そっち!?そっちで来るの!?みたいな(笑)うわ、うわー!!

あ・か)あははは(笑)

あ)しかも、髪がな、すごい気にするんよな(笑)かきあげるというか・・・

の)毛量が多くてツルツルすぎて前に落ちてくるのを後ろに持っていきたいんだけど、ほしゆかのしゃべりをすると前に持ってきたがるっていう・・・謎の動きね。

あ)よく見てるね(笑)

の)ずーっと髪いじってんの(笑)

か)ずっとイジってた。

の)で、今日、もう一人連れてきてるの、ってながゆか(長岡亮介さん)を呼び込んで。

か)ペトロールズのね。

の)ながゆかもながゆかで、それはそれは男性ホルモン強め。源さんも言ってたんだけどね・・・

か)うんうん。おひげ・・・おひげがね・・・

あ・の)(笑)

か)普通にあって・・・

の)そのアレンジで、『If you wanna』と『スウィートドーナッツ』、まさかの。

 

か)すごい両極端の曲をね。

あ)想像ができないでしょ。そんなこと言われたって。今、聞いてるような『If you wanna』の感じじゃないからね。

か)ギター2本でね。ジャカジャカジャカジャカいう・・・

の)しかも、つぶやく 『If you wanna』っていうか・・・そんな感じよ。

あ・か)(二人で口ギターでアカペラで歌う)

の)源さんのね、デモもらったんだよね(笑)

あ・か)(引き続き、二人で口ギターでアカペラで歌う)

の)そういう感じよ。

か)あー、こんな曲も流れてくるんですか。

(BGM『スウィートドーナッツ』)

の)これはホントに・・・いや、楽しいアレンジなんだけど、大人っぽいっていう・・・不思議な感覚だった。

あ)今でも聞ける?だって、ほら、聞いてごらん・・・この声、やばいやろ?あはっ(笑)
(BGM『スウィートドーナッツ』の音量が上がる)音上げるの止めて!笑

あ)子供よ、子供。

か)15歳やけんね。それはしょうがないね。

の)だけどね、源さんがまた生まれ変わらせてくれて、聞けるもんにしてくれてたもん。

あ)ねー。歌ったらね、15歳の私が出てくるもんでね・・・

か・の)"ハアト"って(笑)

あ)"ハアト"って、出てきたね。びっくりした(笑)

の)身体に刻まれた記憶が・・・

あ)私、ここにあり!みたいな、15歳の私もここにあり!みたいな感じで、大阪城ホールで感じてました(笑)

3人)あはは(笑)

あ)特別だった・・・

の)いやー楽しかった。

か)幸せだった。

の)ていうことで、源さん、またよろしくお願いいたします。

あ・か)お願いします!

あ)改めて・・・

3人)ありがとうございました!!

 

聞き間違いがある可能性があります。ご容赦いただけますと幸いです。

-ラジオ
-

Copyright© げんちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.