ラジオ

星野源さん シングル「ドラえもん」MVやダンスについて、オールナイトニッポンで語る

投稿日:2018年2月28日 更新日:

星野源さんが2018年2月20日25:00ニッポン放送「星野源のオールナイトニッポン」で、シングル「ドラえもん」のMVやダンスについて語った箇所を書き起こしました。

 

 

さて。昨日ですね、来週水曜日発売の11枚目のシングル「ドラえもん」のミュージックビデオと特典映像の予告編がYouTubeにて公開されました、ありがとうございます!(ファンファーレ)すでに、154万回以上再生されているそうです、ありがとうございます!(ファンファーレ)すごい!!1日半ですかね・・・2日か、大体2日ぐらい。すごいですねー、ありがとうございます。メールがたくさん来ております。ありがとうございます。

 

(メール紹介。「ドラえもん」MVの中で歌詞が表示されているが、何か意味があるのか?)

「ドラえもん」のMV 歌詞表示について

あ、そうですね、今回・・・えっとですね、今回のミュージックビデオがですね、「SUN」の頃から一緒にやってもらってる・・・2015年の春ぐらいか・・・に撮影した「SUN」のミュージックビデオからですね、ずっとご一緒させてもらってるMIKIKOさん・・・振付家のMIKIKOさんと、そして、そのMIKIKOさんのダンスチーム・ELEVENPLAYのみんなとですね、またご一緒させてもらいまして・・・お願いしてですね、ミュージックビデオ作りました。で、今回のミュージックビデオ、歌詞が表示されてるんですけど、歌詞表示されているのはあれですね、「地獄でなぜ悪い」以来ですね。

 

「地獄でなぜ悪い」の時は全部アニメだったんですけど、今回、「ドラえもん」のミュージックビデオは実写でですね、ELEVENPLAYさんのダンスが中心で。もともとですね、僕、いつもミュージックビデオを作るときにアイディアとか、こういうふうの作りたいですって、いつもアイディアを出すんですけど・・・今回のミュージックビデオのアイディアとしてはですね、一番最初はもう僕が出ないでダンスだけのビデオってのをずっと作りたかったんです。すっごい昔からダンスだけのビデオっていうのがですね、すごく作りたくて・・・。今回のですね、楽曲の世界観とかも含めて、僕が出ない方が面白いなぁとは思ってたんですけど、いろいろ、まぁ打ち合わせを重ねていくにつれて、僕も一緒にいるってのも、まぁいいんじゃないか、面白いんじゃないかということで、ELEVENPLAYさんが中心、ダンスが中心・・・でも、僕もちょっといるっていう・・・だから僕が真ん中でめちゃくちゃでかく歌ってたり・・・僕、バックダンサーって言い方がすごく好きじゃないので(笑)・・・ダンサーと並びか、たまにアップで抜いてもらうぐらいにして、もうダンスを中心にというビデオにしました。なので、もともとダンスだけっていう予定もあって、ダンスだけだと歌をもっと伝えたいという気持ちにもなるので・・・楽曲はやっぱり音とかね、リズムとかはダンスでしっかり目に入ってくる・・・目で音が入ってくるという感覚になると思うんですけど、歌詞はなかなか、そうすると逆に入ってこない可能性があるなと思ったんで、歌詞は最初から表示させようというつもりだったんですけど、僕も途中から入ってくることになって、その名残ですね。歌詞があるっていうのは。だから今回はアニメだからっていうわけではないんです。そういう経緯で歌詞を表示させました。で、ですね、今回・・・あ、これも読もうかな。

(メール紹介。今回のシングルやMVを製作するにあたり、藤子プロや映画側のスタッフの方からの提案や要望はあったのか?おまかせという感じだったのか?)

コンテンポラリーダンスと手遊び歌

ありがとうございます。今回、ミュージックビデオに関しては何も、特になく・・・というか、本当に自由に作らせて頂きました。

で、今回の振りに関してはですね・・・僕、コンテンポラリーダンスがすごく好きで・・・高校生の時に民族舞踊部に入っていたという話はたまにしますけど。もちろん、ちゃんとすっごくそれ専門にやってたわけではないんですけど、踊るっていうことがすごく好きで、ダンス公演とかよく観に行ってたんです。その中でコンテンポラリーダンスも見るようになって・・・コンテンポラリーダンスって言っても本当にいろんな種類のダンスの種類がまたその中でもあるので、一概に"これがコンテンポラリー"ってなかなか言えないと思うんですけど、MIKIKO先生に・・・MIKIKOさんにコンテンポラリーダンスの要素をすごく感じるようなダンスで今回ちょっとやりたいですっていうお話をして。例えば「SUN」のミュージックビデオのテーブルのダンスとか・・・あと部屋が移動してる・・・「SUN」のミュージックビデオ見たことある方は分かると思うんですけど、部屋がどんどん移動している中で僕とELEVENPLAYのSAYAさんっていうんですけど、SAYAちゃんと二人で踊ってるところとかはコンテンポラリーダンスの感じでお願いしますってそのときもリクエストしたりとかして。今回はかなりどっぷりお願いしますというリクエストさせてもらって。

 

あと、小学校の時やってたような手遊び歌みたいな・・・そういう要素をミックスして、それをさらにMIKIKOさん流にしていただけないでしょうかというリクエストをさせていただきました。そしたら、とんでもないのが上がってきて、もう最高!!みたいな・・・振りビデオ・・・こんな振りで良いですかっていう確認のビデオが来るんですけども、興奮して「もう最高です!」みたいな、「これでお願いします!」という・・・結構(紹介した)メールでも無表情って書いてるんですけど、普通、ダンス、無表情ですから。別に無表情が特別なことじゃないですからね。だって「恋」のミュージックビデオのみんな、無表情ですからね。

 

結構、みんな楽しんで踊ってくれてるんで、笑顔の印象があると思うんですけど・・・すごく無表情で皆、踊って・・・。まぁそのほうがかっこいい・・・僕が好きなんですけどね、そのほうが。好みがいろいろあるとは思うんですけど・・・今回のミュージックビデオ、その振り付けもすごい難しそうで・・・最高!!みたいな・・・何かいいですよね 。こう、何だろう・・・すっげー難しそうなのに、何か踊ってみたい!みたいな・・・「恋」のときもそうでしたけど、「恋」のミュージックビデオのダンスもそうだし、「逃げ恥」のエンディングで皆が踊って、僕も踊った恋ダンスは一緒に踊ろうっていうコンセプトじゃないので、全然。だから、どんな人でも踊りやすいように、簡単にっていうことはまったく考えないで、自分達のやりたいようにやったっていう・・・。だから、あんなに人が踊ってくれるとは思わなかったんですよね。だから1番いい形ですよね。みんなが踊りたくて、踊ったっていう・・・踊らされたんじゃなくて、踊りたくて踊ったっていうすごい素晴らしいムーブメントだったと思うんですけど、恋ダンスって。なので、今回も一緒に踊ろうという意味で簡単にするっていうわけではなく、僕が好きなダンスっていうのを全力でやっていただいたという感じで「もう最高!」という・・・非常に興奮してしまうビデオなのでございます。

あと、何だっけ、質問あったね・・・あ、『シングル制作するにあたり、映画からの提案や要望はあったのでしょうか?』
楽曲に対してもですね、要望は全くなかったですね。挿入歌(シングル『ドラえもん』カップリング「ここにいないあなたへ」)はそもそも台本の中に、ここで曲が頂きたいですってのがあったんで・・・そこがすごく感動するというか、素敵な場面だったので、それにイメージして曲を書いて。主題歌の方は、多分そこはバラードになるであろうというところだったんで、主題歌のほうは少し楽しい感じがあるといいかもしれませんね、ぐらいで。あとはもう完全に自由に作らせていただきました。だから、たとえば「ドラえもん」というタイトルにすることだとか、『大長編ドラえもん』というそのものを歌いたいということとか、歌詞のもろもろとか、あとは曲調とか、リズムとか、歌詞に「ドラえもん」を入れるとかというのも含めて、全部要望されたわけではなくて、こちら側のアイディアを全部受けていただいたというか・・・かなり好きに作らせていただきました。
・・・という感じですね。

なんで、本当にあの・・・今ね、目の前にやっと完成版のCDがありまして、やっとできたなぁという感じですねぇ。いやぁ本当に嬉しい。

発売は来週の水曜日ですね。水曜日、2月28日。で、フラゲ日、フライングゲット日、27日。来週のこの「野源のオールナイトニッポン」放送日ですけど、27日から全国で買えるということなんですが、かなり感慨深いですね、本当に。オファーをいただいたのは本当に1年半ぐらい前なので、それから数えると結構時間が経っていて。今、雑誌とかが出始めて、どういうふうにドラえもんができたかというのをそこで詳しく語っております。ぜひ、見ていただいて。『MUSICA』かとかね、これから出る『ロッキン・オン』(『ロッキング・オン・ジャパン』)とか『Bros.』(『TV Bros.』)とかね。かなり詳しく語ってます。ぜひ見てください。よろしくお願いします。さぁ、そんな感じで、その曲をね、今一度聞いていただきましょう。ミュージックビデオも是非見てください。YouTubeでも公開されましたので、ぜひ、何度も見ていただきたいと思います。あと踊りたいと思ったらぜひ踊ってください。ただ超難しいぞという・・・うふふ(笑)最高という感じですけどもね。ぜひ、皆さん楽しんでいただけたらと思います。星野源の11枚目のシングルでございます、「ドラえもん」。

 

 

星野源さん シングル「ドラえもん」タイトルや楽曲について、オールナイトニッポンで語る

星野源さんが2018年1月16日25:00ニッポン放送「星野源のオールナイトニッポン」で、シングル「ドラえもん」について語った箇所を書き起こしました。     では、ここで、いよい ...

星野源さん シングル「ドラえもん」ジャケット写真や楽曲について、オールナイトニッポンで語る

星野源さんが2018年1月23日25:00ニッポン放送「星野源のオールナイトニッポン」で、シングル「ドラえもん」のジャケット写真や楽曲について語った箇所を書き起こしました。 1月16日放送のこちら↓の ...

オールナイトニッポンで語った星野源さんによる「ここにいないあなたへ」の解説

星野源さんの10枚目のシングル『ドラえもん』2曲目収録されている「ここにいないあなたへ」について解説した2018年2月27日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』を書き起こしました。 (以 ...

星野源さんのシングル『ドラえもん』カップリング曲「The Shower」についてオールナイトニッポンでふれた回 書き起こし

星野源さんがシングル『ドラえもん』のカップリング曲3曲目「The Shower」について星野源さんが2018年3月6日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』で語った場所を書き起こしました。 ...

星野源さん本人が「ドラえもんのうた(House Ver.)」について語ったオールナイトニッポン 書き起こし

2018年3月13日放送のニッポン放送「星野源のオールナイトニッポン」において、星野源さんが11枚目のシングル『ドラえもん』収録の「ドラえもんのうた(House Ver.)」について語った箇所を書き起 ...

-ラジオ
-, ,

Copyright© げんちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.